どうすれば良いの?美しい白い肌を保つための方法3選!

日傘と手袋を常備する

美しい白い肌というのは、日本人女性にとって永遠の憧れです。では、一年を通して美しく白い肌を保つためには、一体どのような点に気を付けなければいけないのでしょうか。まずは、日傘と手袋を常備するということです。日焼けの元凶となってしまう紫外線が多く降り注ぐ時期は3月から10月までと言われています。その時期に、少しでも太陽の光を感じることがあれば、カバンから取り出して自分を覆い隠した方が良いのです。軽い方が持ち運びに便利でしょう。

日焼け止めクリームを常用する

また、白い肌を保つためには、日焼け止めクリームの存在が欠かせません。顔だけでなく、手の甲などにもきちんと塗るようにりましょう。紫外線が強い時期などは、どうしてもSPF値の高いものを選んでしまいがちなのですが、紫外線をカットする力が強い分肌への刺激も強いので、出来ればSPF値が低い日焼け止めをこまめに塗りなおすようにしましょう。肌トラブルを未然に防ぐことが出来ます。たった5分の外出でも気を抜かないことが大切です。

体内から色白肌を作る

続いて、外部からの刺激をシャットアウトするだけでは、内から光り輝くような色白の肌を作ることは出来ません。食べ物の種類に気を付けることによって、色白の肌を作ることも出来るのです。例えば、トマトに含まれているリコピンです。リコピンはメラニン色素の生成を防いだり、紫外線をシャットアウトする役割を持っていますので、毎日食べることが必要です。柑橘類に多く含まれているビタミンCも同じような働きをしますので、毎日食べるようにしましょう。

品川美容外科の告訴について詳しく